はつが野ミライク
L O A D I N G
  • 資料請求
  • 来場予約
RAISING CHILDREN
01 education 教育環境
旬な街で、旬な子育て。
ミライを担う子供たちを育む。

充実した教育環境や補助制度が整備されている和泉市。
その中でもはつが野エリアでは、年々ファミリー層が増加しています。
平成29年4月には、徒歩1分※の位置に和泉市で初めての小中一貫校「市立南松尾はつが野学園」が新たに開校。
また、徒歩4分の距離には国際感覚豊かな教育を行う「はつがの国際こども園」をありミライを担う子供たちを育んでいます。

image photo
  • #01 子育てしやすい街「はつが野」その中で先進施設が充実する小中一貫校に隣接。
    9年間のつながる教育が、子どもたちの
    「確かな学力」と「豊かな心」を育てます。

    「和泉市では数年前から施設が分離した「施設連携型」小中一貫教育の研究を進めてきましたが、今回、新設する「南松尾はつが野学園」は、「施設一体型」の小中一貫校であり、和泉市では初、大阪府では二番目の「義務教育学校」という「一つの学校」としてスタートします。生徒は1年生から9年生という位置づけになり、教職員も一つの組織、職員室も一つ、校舎も一つです。そのため、教職員同士の連携を密にとることができます。その結果、9年間を見据えた教育、個々の子供の成長と学力を理解し、継続、連続した学習指導により、いわゆる中一ギャップを解消した、「学力の向上」をめざすことができます。

    校舎がひとつ、児童生徒会もひとつなので、1年生から9年生までが日常的に交流できることもメリットです。多目的に使えるランチルームがあり、例えば1年生と9年生が一緒に給食を食べることができます。和泉市では食育に力を入れており、食を通じて、ふれあいながら学ぶ場も豊富に用意しています。また、外国語に親しむ外国語活動も1年生から取り入れ、9年間で英語力を育みます。通常の小学校とは異なり、英語科教員が中心となった、より専門的な指導を行うことができるのも、「施設一体型」の良さといえるでしょう。」

    義務教育学校…学校教育法の改正(平成28年4月1日施行)により、「小学校」・「中学校」と並ぶ新たな学校の種類として追加。
    9年間の義務教育を一貫して行う。1つの学校組織として円滑な学校運営が可能。
    和泉市教育委員会事務局 学校教育部指導室
    • 南松尾はつが野学園の紹介
  • #02 2017年4月開校。小中一貫校「和泉市立南松尾はつが野学園」
    南松尾はつが野学園 徒歩1分(約60m)
    和泉市で初めての小中一貫校。施設一体化の特性を生かし、「地域に誇りを持ち、心豊かでたくましく、自ら学ぶ子供を育成」を教育目標に掲げています。
    前期・後期日程
    多目的室(ランチルーム)

    全面ガラス貼りの開放的な空間で、食を通じた異学年交流を行い、地域交流の場として開放することもできます

    体育館

    床にはクッション性のあるシートを採用。学校行事だけでなく地域の防災拠点としても活用できる配慮もされています

    25mプール

    たてを二つに区切り、深さを変えることにより、安全面に配慮しています。プールサイドには日よけを付け、足元が熱くならない素材を施しています

    交流スポット

    広く確保された廊下には、作品などが展示できる交流スポットを随所に設けています

    図書室

    半分が吹き抜けになり、壁には和泉市で採取した木材「いずもく」をふんだんに用いています

    正門(北門)

    「はつが野ミライク」に隣接している門が、開校後、通学門になる予定です

    • はつがの国際こども園
  • #03 挨拶や礼儀を重んじ、英語を身近にする国際感覚豊かな教育う「はつがの国際こども園」

    「はつが野」は住宅地開発に伴い、多様な子育て世帯が増えているエリア。姉妹園での幼稚園教育40年の経験をもとに、2015年に開園、2016年より認定こども園として新たにスタートしました。園児は0歳から5歳児まで、2017年4月からは241名になる予定です。挨拶や礼儀を重んじ、元気で活発なこどもたちを育てることをモットーとしています。また、2歳から週2回、駐在の外国人教師による英語の授業を始め、英語でのあいさつや歌遊びを生活にとりいれ、

    3歳までに耳で聞くリスニングの習慣をつけられるように、英語を身近に感じる国際感覚豊かな教育を積極的に行っています。そして、秋まつりや月2回の園庭解放を通し、地域との交流も深めています。御近所の未就学児と保護者の方にも気軽に遊びにきていただく機会を作っています。さらに、一時保育(有料)も予約制で行っているので、資格取得やリフレッシュなどいろいろな用途でママさんに利用していただいています。」

    はつがの国際こども園 上岡左知子園長
    はつがの国際こども園 徒歩4分(約260m)
    はつがの国際こども園 徒歩4分(約260m)

    2015年4月開園の「はつがの国際こども園」は、幼稚園と保育園の両方の機能を持つ幼保連携型認定こども園。対象は生後9週~就学前、開演時間は7:00~20:00という保育園としての機能と、英語教育など幼稚園にある「学び」の要素を組み込んでいます。

    ※インタビューの内容、掲載の事項は
    すべて2017年3月時点のものです
松尾寺公園 徒歩2分(約150m)
02 ENVIRONMENT 環境
子育てしやすい街、はつが野。
行政よる支援や自然環境が、
心豊かな子どもたちを育みます。

和泉市では、「子育てしやすいまち日本一」をめざし、幼稚園や保育園を多く設け、医療費助成や児童手当などの多彩な子育て支援も。充実した教育環境や補助制度が整備されている点も魅力です。
また、街区のすぐ近くには桜や紅葉の美しい寺として有名な「松尾寺」に隣接した松尾寺公園があり、家族そろって心癒す空間があります。

「人のきらめき、共に育む、元気なまち・和泉」の子育て支援
子育て助成

子育て助成
児童手当
児童扶養手当の支給他

災害時の協定を締結

コストコや
ららぽーとと
災害時の協定を締結

泉州北部小児初期救急広域センター

休日・夜間の
急病時も安心、

泉州北部小児
初期救急広域センター

小・中学校の学校給食

小・中学校の
学校給食

人口増加率府内1位、保育園、小学校

人口増加率府内1位、
整備される保育園、
小学校

  • ナンバーワン成長都市 和泉市
  • ココロトリコイズミ
PAGETOP
炭の家「キャンペーン実施中」