【炭の家】アフュージアシティ尼崎

お問い合わせは0120-00-0022
HOMEHOME

【炭の家】アフュージアシティ尼崎

【TOP】【CONCEPT】【TOWN PLAN】【MODEL HOUSE】【QUALITY】【LOCATION】【ACCESS】  

 



 


※掲載の各イラストはイメージにつき実際とは異なります。
※1 掲載のPM2.5濃度グラフの数値は当社分譲住宅モデルハウスにて測定したものです。測定日は平成28年4月9日、測定時間は午前9時(屋外は10分間、屋内は1回5分の測定を3回実施)、気象条件は天候晴れ、気温23.8℃、湿度54%で実施。屋内の測定値は2回目、3回目の測定値の平均値です。※当社分譲マンション「シャルマンフジスマート和歌山駅前EAST」207号室にて測定したものです。測定日は平成28年7月1日、測定時間は午前10時(屋外は10分間、屋内は1回5分の測定を3回実施)、気象条件は天候曇り、気温27.0℃、湿度79%で実施。屋内の測定値は5μg /㎥(平均値)、屋外の測定値は21μg /㎥。※環境省の基準値とは、環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として環境基準を定めたもので(平成21年9月設定)1年平均値15μg /㎥以下、かつ1日平均値35μg /㎥以下とされています。※この環境基準値は、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんに関する様々な国内外の疫学知見を基に、専門委員会において検討したものです。※PM2.5の環境基準値は35㎍/㎥ですが、フジ住宅で実測したところ8㎍/㎥だった。一般的な手術室のクリーンルームは10㎍/㎥程度と言われているので、「フジ住宅の炭の家/ピュアエア」は一般的な手術室のクリーンルーム以下のPM2.5濃度を可能にすると言えます。さらにクリーンルーム内のPM2.5濃度の根拠としては1CPM=1㎍/㎥(標準粒子設定)とするJIS規格(JIS規格:JIS B 9920(ISO 14644-1)のクリーンルームの規定ではクラス3(高性能のクリーンルーム)で、0.5μmの粒子が35個未満に該当し、5μmは検出されず、0.5μmが35個程度検出されるので2.5μm以下のPM2.5の場合は10CPM=10㎍/㎥と想定した計算値で、実際とは異なる場合もございます。
※2 【試験方法】一般社団法人 日本電機工業会 JEM1467 家庭用空気清浄機(2015年3月25日改正)附属書D(規定)「浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験」を参考にして試験を行った。ただし、試験対象物はスギ花粉抽出物を用い、試験条件を変更して実施した。また、試験チャンバーには依頼者提供の炭を設置して試験を行った。〇試験実施日/2018年1月18日〇試験名/花粉除去性能評価試験〇検体/換気システム、炭〇試験チャンバー容積/約25㎥[4000mm(D)×2776mm(W)×2263mm(H)]〇試験対象物(花粉片溶液)/スギ花粉抽出物[ITEA株式会社]を精製水で5倍希釈したもの〇花粉片溶液の噴霧量/29.2mL(3.5mL/min×8分20秒間)〇捕集ポイント/開始時、6分、20分、40分、60分〇捕集フィルター/親水性PTFEタイプメンブレンフィルター〇空気捕集量/125L〇捕集フィルターの洗い出し液/0.05%ポリソルベート20(Tween20)加りん酸緩衝生理食塩水、2mL〇アレルゲン濃度測定方法/表面プラズモン共鳴法(SPR法)〇測定回数/3回 ※3 【試験方法】一般社団法人 日本電機工業会 JEM1467 家庭用空気清浄機(2015年3月25日改正)附属書D(規定)「浮遊ウィルスに対する除去性能評価試験」を参考にして試験を行った。ただし、試験チャンバーには依頼者提供の炭を設置して試験を行った。〇試験実施日/2018年3月27日〇試験名/浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験〇検体/換気システム、炭〇試験チャンバー容積/約25㎥[4000mm(D)×2776mm(W)×2263mm(H)]〇試験ファージ/Escherichia coli phage φX174 NBRC 103405〇宿主菌/Escherichia coli NBRC 13898〇ファージ液の感染価/5.3×10⁸PFU/mL〇ファージ液の噴霧量/8mL(0.4mL/min×20分間)〇検体作動時間/開始時、6分、13分、20分、30分、40分、60分〇ゼラチンフィルタによる空気捕集量/80L(2.4㎥/h×2分間)〇ゼラチンフィルタの洗い出し液/りん酸緩衝生理食塩水、10mL〇ファージ感染価測定方法/プラーク法


※掲載の各イラストはイメージにつき実際とは異なります。
※1 掲載のPM2.5濃度グラフの数値は当社分譲住宅モデルハウスにて測定したものです。測定日は平成28年4月9日、測定時間は午前9時(屋外は10分間、屋内は1回5分の測定を3回実施)、気象条件は天候晴れ、気温23.8℃、湿度54%で実施。屋内の測定値は2回目、3回目の測定値の平均値です。※当社分譲マンション「シャルマンフジスマート和歌山駅前EAST」207号室にて測定したものです。測定日は平成28年7月1日、測定時間は午前10時(屋外は10分間、屋内は1回5分の測定を3回実施)、気象条件は天候曇り、気温27.0℃、湿度79%で実施。屋内の測定値は5μg /㎥(平均値)、屋外の測定値は21μg /㎥。※環境省の基準値とは、環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として環境基準を定めたもので(平成21年9月設定)1年平均値15μg /㎥以下、かつ1日平均値35μg /㎥以下とされています。※この環境基準値は、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんに関する様々な国内外の疫学知見を基に、専門委員会において検討したものです。※PM2.5の環境基準値は35㎍/㎥ですが、フジ住宅で実測したところ8㎍/㎥だった。一般的な手術室のクリーンルームは10㎍/㎥程度と言われているので、「フジ住宅の炭の家/ピュアエア」は一般的な手術室のクリーンルーム以下のPM2.5濃度を可能にすると言えます。さらにクリーンルーム内のPM2.5濃度の根拠としては1CPM=1㎍/㎥(標準粒子設定)とするJIS規格(JIS規格:JIS B 9920(ISO 14644-1)のクリーンルームの規定ではクラス3(高性能のクリーンルーム)で、0.5μmの粒子が35個未満に該当し、5μmは検出されず、0.5μmが35個程度検出されるので2.5μm以下のPM2.5の場合は10CPM=10㎍/㎥と想定した計算値で、実際とは異なる場合もございます。
※2 【試験方法】一般社団法人 日本電機工業会 JEM1467 家庭用空気清浄機(2015年3月25日改正)附属書D(規定)「浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験」を参考にして試験を行った。ただし、試験対象物はスギ花粉抽出物を用い、試験条件を変更して実施した。また、試験チャンバーには依頼者提供の炭を設置して試験を行った。〇試験実施日/2018年1月18日〇試験名/花粉除去性能評価試験〇検体/換気システム、炭〇試験チャンバー容積/約25㎥[4000mm(D)×2776mm(W)×2263mm(H)]〇試験対象物(花粉片溶液)/スギ花粉抽出物[ITEA株式会社]を精製水で5倍希釈したもの〇花粉片溶液の噴霧量/29.2mL(3.5mL/min×8分20秒間)〇捕集ポイント/開始時、6分、20分、40分、60分〇捕集フィルター/親水性PTFEタイプメンブレンフィルター〇空気捕集量/125L〇捕集フィルターの洗い出し液/0.05%ポリソルベート20(Tween20)加りん酸緩衝生理食塩水、2mL〇アレルゲン濃度測定方法/表面プラズモン共鳴法(SPR法)〇測定回数/3回 ※3 【試験方法】一般社団法人 日本電機工業会 JEM1467 家庭用空気清浄機(2015年3月25日改正)附属書D(規定)「浮遊ウィルスに対する除去性能評価試験」を参考にして試験を行った。ただし、試験チャンバーには依頼者提供の炭を設置して試験を行った。〇試験実施日/2018年3月27日〇試験名/浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験〇検体/換気システム、炭〇試験チャンバー容積/約25㎥[4000mm(D)×2776mm(W)×2263mm(H)]〇試験ファージ/Escherichia coli phage φX174 NBRC 103405〇宿主菌/Escherichia coli NBRC 13898〇ファージ液の感染価/5.3×10⁸PFU/mL〇ファージ液の噴霧量/8mL(0.4mL/min×20分間)〇検体作動時間/開始時、6分、13分、20分、30分、40分、60分〇ゼラチンフィルタによる空気捕集量/80L(2.4㎥/h×2分間)〇ゼラチンフィルタの洗い出し液/りん酸緩衝生理食塩水、10mL〇ファージ感染価測定方法/プラーク法


【TOP】【CONCEPT】【TOWN PLAN】【MODEL HOUSE】【QUALITY】【LOCATION】【ACCESS】  

 





 
お電話でのお問い合わせは