生涯にわたって信頼できる耐震・制震

最高レベルの耐震等級3を実現

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。

自由度、強度を進化させた
フジ住宅独自の「FX-WOOD 工法」FX-WOOD工法

「FX-WOOD 工法」とは、自由度の高い軸組工法と強度に優れたパネル式工法を融合させ、柱材と壁面の両方に強度を持たせ、耐震・耐風性能と同時に、通風と気密性を両立させた、これからの住宅〈基準〉性能です。

フジ住宅独自のベタ基礎(FX-BASE)、
高精度地盤調査。

FX-WOOD 工法の基礎をしっかりと支える、進化したベタ基礎〈FX-BASE〉。より精度の高い地盤調査に基づき、適切な地盤改良や補強を施した強固な地盤に、部屋の面積や加重負荷に応じてバランスよく鉄筋を配した鉄筋コンクリート製のベタ基礎を完成させました。

耐震等級表(構造の安定)

等級3
等級2 等級1

制震システム

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。

TRCダンパー木造住宅用 [地震対策 制震システム]

倒れない。しかも、壊れない家であるために。TRCダンパーは、地震エネルギーを揺れに応じて吸収。
そのエネルギーを熱に変えて放出する、特殊なゴムを内蔵しています。
このゴムの特長により、建物の揺れを大幅に低減。
揺れを抑えることで壁の損壊や家具転倒を防止します。
「倒れない家」だけではなく「壊れない家」にするために。
木の家に、制震システムTRCダンパーを採用しています。

制震とは

次世代にふさわしい高強度住宅を目指して更なる強度や耐久性、
そして耐震性を追求しました。

特徴
建物の変形
加速度の低減
コスト
地盤の制限
備考
制震
特徴
壁に入った地震エネルギーを「吸収」して揺れを抑える
建物の変形
耐震に比べ、最大50%程度の変形低減が可能
加速度の低減
加速度が低減される
コスト
低価格
地盤の制限
制限なし
備考
新築はもちろん改修にも使える
※使用種する上で制限がない
耐震
特徴
壁の数を増やしたり、
固くしたりして地震の揺れに「耐える」
建物の変形
筋かいや合板で耐えるが、ダメージが残る可能性がある
加速度の低減
加速度が低減されない
コスト
地盤の制限
制限なし
備考
繰り返しの自信があるごとに強度が落ちる
免震
特徴
建物の下に装置を設置し、
地面の揺れを建物に「伝えない」
建物の変形
耐震に比べ、最大90%程度の変形低減が
可能(地震周期により影響される)
加速度の低減
加速度が大幅に低減される
コスト
高価格
地盤の制限
軟弱地盤では適していない
備考
長周期地盤には適していない
NEXT PAGE 安心の補償制度
→

家づくりガイドをもらう

自由設計の家づくりがすべて分かる「ストラクチャーガイド」をプレゼントいたします。

モデルハウスを探す

分譲地を探す

分譲地を探す

エリア別ページをみる