フジの家|大阪・神戸・阪神間・北摂の新築一戸建て・土地・マンションの情報ポータルサイト

  • 標準
  • 大きく
  • フジの家
  • 住まいを探す
  • フジ住宅のこだわり
  • フジ住宅の住まい
  • フジ住宅倶楽部
エリアから探す 沿線から探す こだわり条件から探す 地図から探す
フジ住宅のこだわり スタッフが語る仕事へのこだわり
Episode07 お客様のライフプランに沿ったご提案を致します
ローンアドバイザー&資金計画編

一言に住宅ローンと言っても内容は様々です。
どの様なローン商品があるのかを理解して頂き、自分の希望に合ったものをお選びいただけるようお手伝いさせていただきます。

ローンアドバイザー イメージ
住宅ローン減税制度について

住宅ローン控除制度とは、自分が住む住宅を、住宅ローンを利用して購入した場合に、一定期間、住宅ローンの残高の一定割合を、所得税から控除してくれるというものです。
そして、2014年4月1日からの消費税増税に伴い、住宅ローン減税も拡充されました。
住宅ローンの年末残高の限度額(借入限度額)、控除率、各年の控除限度額と控除期間の最大控除額は下の表に定められております。


住宅ローンの年末残高の限度額(借入限度額)、控除率、各年の控除限度額と控除期間の最大控除額

※【参考データ】消費税率[平成26年4月1日~8%][平成27年10月1日~10%]

※平成26年4月1日~欄の金額は、住宅対価又は費用に含まれる消費税等の税率が8%又は10%の金額。消費税引き上げの経過処置を受け消費税の税率5%の場合は、平成25年1月1日~平成26年3月31日までの金額が適用される。

※認定住宅とは認定長期優良住宅、認定低炭素住宅を指す。


金利について

消費税や住宅ローン減税とともに、注意すべきものが住宅ローンの金利。しかし住宅ローンの金利動向については、予測が非常に難しいものになります。
繰り上げ返済を視野に入れ、借入額が小さいという方は「変動金利」。
一方安定した返済計画を立てたい方は固定金利優先が原則。
ただ金利が、どのように動くか分かりませんので、固定金利と変動金利を組み合わせることもOKです。
固定金利か変動金利でローンを組むかは、とても難しい判断となります。住宅購入時、そういったローンのお悩みも私どもローンアドバイザーがアドバイスさせていただきます。

固定金利・変動金利について

ローンアドバイザーのご紹介
ローンアドバイザー 鶴田氏
ローンアドバイザー 鶴田氏

住宅ローンや資金計画に関して、少しでも疑問があれば一緒に解決しましょう!
お客様から「お話ができてよかった。充分理解できた。」と喜んで頂けることがやり甲斐です。
「住宅ローンは他のローンと何が違うの?」、「金利が違うとどうなるの?」、「住宅ローン控除って何?」、「繰り上げ返済のタイミングは?」、「社内融資とどちらが良いかな?」等々、ざっくばらんに何でもお話できることを楽しみにしています。

  • 一覧へ戻る

ページトップへ戻る