“家”と“暮らし”をもっとステキに楽しく。
新しい「好き」がきっと見つかるウェブマガジン。

DIYクリエイターが教える基本スキル!おもちゃ箱&ベンチシート

住まい

片付けてもすぐに散らかる子どものおもちゃ。せっかくだから、片付けが楽しくなるおもちゃ箱兼ベンチシートをDIYしませんか?今回は、「切る」「組み立てる」「取り付ける」というDIYの基本ステップが学べる簡単レシピをご紹介します。初めての方もぜひ挑戦してみてください。

材料(1台分)

●側板…2枚
●背板(ランバーコア合板18mm)…1枚
●底板(ラウン合板9mm)…1枚
●前板(杉)…1枚
●蓋用板(杉)…1枚
●脚…4個
●蓋の板を固定するための桟…2個

工具・その他

●電動ドライバー
●サンドペーパーor電動サンダー
●木工用接着剤
●ステンシルシート
●マスキングテープ
●水性塗料(お好きな色)
●ステイン剤

作り方

STEP1

背板と側板をビスで固定し、コの字型に組み立てます。

STEP2

ここに被せるように底板を取り付け、ひっくり返して前板も同じように取り付けていきます。
この時、上から順番に板をビスでとめてください。無垢材の杉のため、数ミリサイズの違いがあるので、下から取り付けると上がキレイに揃わなくなります。今回は下に脚を取り付けるため、前板の下の長さは揃わなくても大丈夫です。

STEP3

蓋の板を並べて、写真の位置に木工用接着剤で固定。さらにビスで固定し、突き合わせて1枚の板にします。

STEP4

木目の向きに合わせてサンダーをかけます。

STEP5

お好みのデザインにステンシル。
お好みのデザインのステンシルシートをマスキングテープで固定して、筆を使って塗料を上から叩くようにつけていきます。今回は、白の水性の塗料をつかしました。塗料のつけすぎに注意してください。

STEP6

ステンシルの上からステイン剤を塗布します。

STEP7

蝶番を本体のボックスの背板上部と蓋の内側で固定し、蓋を取り付けます。脚は木工用接着剤で固定してから、ボックスの内側の底板からビスでとめます。これで完成!

DIYのポイント

板をカットする時に、のこぎりを使うのは難しそう…という方は、ホームセンターの木材カットサービスを利用してみましょう。
また、小さいお子さんのおもちゃ箱にする時や扉が重たい場合は、ソフトダウンステー(※)を使うと蓋がゆっくり閉まるので安全です。

※ソフトダウンステー:自動ブレーキ装置が付いた扉を支えるための金具。ホームセンターで入手できます。

監修
DIY クリエイター chikoさん

Instagram ID「wagonworks」、ブログ「STUDIO IN THE AFTERNOON☆100均簡単リメイクとお家DIY☆」著書「Let’s DIY!カフェみたいなお家を作ろう」。全国でイベント、ワークショップを開催。
http://wagonworks.blog.jp/