“家”と“暮らし”をもっとステキに楽しく。
新しい「好き」がきっと見つかるウェブマガジン。

DIYビギナー必見!木材のサイズや選び方は?基礎知識をわかりやすく解説

住まい

おうちで過ごす大型連休中、DIYに初めてチャレンジしたという方も多いのではないでしょうか。DIYでよく使う木材といえば、ホームセンターでも入手しやすい「SPF材」。1×4材や2×4材など規格が決まっているので便利なのですが、サイズ選びが難しいという声も。また、木材の種類がいろいろあってよく分からない、という方も多いのでは?今回は、DIYをやるなら知っておきたい基礎知識をご紹介します!

木材のサイズ

ホームセンターで取り扱いが多い木材の一つに、「SPF材」というものがあります。「スプルース(Spruce/米トウヒ)」、「パイン(Pine/マツ類)」「ファー(Fir/モミ類)」の総称。これらは見た目も強度もほぼ変わらないためSPF材として区別されずに売られています。水には弱いですが、比較的柔らかく安価でDIYに使いやすい木材です。主な特徴としては、2×4(ツーバイフォー)工法の住宅建材として使われることから、サイズ規格が決まっています。

日本の建築は「在来工法」といって、柱や梁で家を支えますが、アメリカなどの「2×4(ツーバイフォー)工法」は面で家を支えています。木材の厚さが2×4インチ(38 mm×89mm)であることから「2×4(ツーバイフォー)材」と呼ばれ、ホームセンターで売っている「2×(ツーバイ)材」はアメリカやカナダからの輸入が多いです。

SPF材のサイズ早見リスト

SPF材を購入する時、断面規格はインチ、長さはフィートの表記で売られています。なかなか馴染みのないサイズ表記でわからない…という方のために1×(ワンバイ)から2×(ツーバイ)までのサイズと、フィートの寸法規格をまとめました。これがあれば、家具や雑貨、お家の棚などを作るときの設計に役立ちますよ。

1×(ワンバイ)材のサイズ

1×4…19 mm×89mm
1×6…19 mm×140mm
1×8…19 mm×184mm
1×10…19 mm×235mm

2×(ツーバイ)材のサイズ

2×2…38 mm×38mm
2×3…38 mm×63mm
2×4…38 mm×89mm
2×6…38 mm×140mm
2×8…38 mm×184mm
2×10…38 mm×235mm

長さ(フィート)

3フィート…約910mm
6フィート…約1,820mm
10フィート…約3,050mm
12フィート…約3,650mm

この10連フックに使っている木材も、SPF材の1×4(ワンバイフォー)を半分にカットしています。上記のサイズ早見表を見ながら寸法を算出して、ホームセンターのカットサービスを利用すると便利です。

パイン材の特徴

木材の中でも、メジャーな木材の一つがパイン(松)材です。パイン材は一般的に柔らかく、木の本来の温かみが感じられるのが魅力ですが、傷つきやすいデメリットがあります。傷つくことに抵抗がある場合、硬い木材を使用するという方法もありますが、硬いウォルナットやチークなどは高級木材のためコストアップにつながります。
一口にパイン材と言っても、産地により種類はさまざまです。上記の写真は、我が家のフローリングで使っているフランスのボルドー地方原産とする「ボルトーパイン」。パイン材ですが比較的硬く、耐久性が高いので傷つきにくいことが特徴です。

木材と熱伝導率

“熱伝導率”とは、熱が伝わりやすいかどうか。鉄と木材を比較すると、鉄は熱伝導率が高く、木材は低い。つまり木材のほうが、熱が伝わりにくいということです。寒い日に木材と鉄を触り比べれば、鉄の方が冷たいですよね?
木材も種類によって熱伝導率は異なります。硬い木材は、熱伝導率が高く、柔らかい木材は熱伝導率が低いです。パインや杉は軽くて柔らかい分熱伝導率が低いので、ウォルナットやカリン、チークと比べて冬でも冷やっとしにくいのが特徴です。

木材のお手入れ方法と選び方

我が家のフローリング、「ボルドーパイン」は、数年に一度、お手入れをしています。お手入れする際は、塗装した塗料の使用方法に応じて異なります。ちなみに我が家で使っている塗料は『オスモカラー』。
木材は使用していると、自然なツヤがでてきます。無垢(丸太から切り出したままの自然な状態)の木材は床材となっても、まだ呼吸をしています。その呼吸を妨げずに木材を保護してくれるのが『オスモカラー』の塗料なのです。

また、無垢材はお部屋の湿度によって収縮します。水分をたくさん含む梅雨時は隙間がなかったのに、秋冬の乾燥した時期には隙間が!なんてことも。しかし、これは自然な現象です。
隙間にゴミがたまるのが気になる方は、収縮率の高いパイン材や杉材を床材に選ぶことは避けたほうが良いかもしれません。なぜなら、熱伝導率が低いほど木の収縮率が高いからです。
木材にはそれぞれメリットもあれば、デメリットもあります。「傷つきにくさ」「コスト」「熱伝導率」「木目」「香り」「色」、何を重視したいかを考えて木材を選びましょう。

監修
DIY クリエイター chikoさん

Instagram ID「wagonworks」、ブログ「STUDIO IN THE AFTERNOON☆100均簡単リメイクとお家DIY☆」著書「Let’s DIY!カフェみたいなお家を作ろう」。全国でイベント、ワークショップを開催。
http://wagonworks.blog.jp/