“家”と“暮らし”をもっとステキに楽しく。
新しい「好き」がきっと見つかるウェブマガジン。

衣替えが楽しくなる!リバウンドしないクローゼット収納のコツ

住まい

コートやセーターから、春の軽やかな服装に衣替えする季節がやってきました!クローゼットは、誰にも見られないからといって、色んな物を乱雑に「放置」してしまいがちではありませんか?見るたびにいつか片付けようと思うけれど面倒くさい…そんな方にオススメな、リバウンドしにくい、衣替えが楽しくなるクローゼット収納のコツを紹介します。

衣類は「吊るす」収納でスッキリ!

洗濯物を干したものの、畳んで収納するのが面倒くさい!ということはよくありますよね。一番手間がかかる畳む作業から開放されるには、衣類を吊るす収納に変えてみてはいかがでしょうか。これなら洗濯した後、すぐにクローゼットに収納できて便利です。

その際のポイントは、洗濯物を干すハンガーとクローゼットにしまうハンガーを一緒にすること。干すハンガーとしまうハンガーが異なっていると、結局掛け直す作業が必要になって、気がついたら衣類が散乱している…なんてことも。干すハンガーとしまうハンガーを同じにして、種類もお気に入りのものに統一すれば、クローゼット内がスッキリとした印象になってオススメです!

チェスト内は役割を決めて仕切ろう!

チェスト内の収納も悩みどころですよね。なんとなく上段はトップス類、下段はパンツ類などゆるく決めているといつの間にか乱雑に収納しがちです。
そんな時は、3段のチェストを使用して段ごとにも仕切りを使えば上手に収納できます。上段には別の収納ケースを使って下着とインナー類を収納。シャツは5枚、下着は4セットなどと数を決めて、一気に買い換えるスタイルにすれば乱れにくくなります。


中段も仕切りボックスを使用。よく履く仕事用のストッキングや靴下は手前、タイツなど季節のものは奥にまとめます。クルッとして突っ込むだけなので楽々に。
そして下段は、畳んでも大丈夫なボトムス類。衣類は基本ハンガー収納にして、二軍をチェストに収納すればクローゼットがスッキリします。チェストの仕切りは100均で売っているブックスタンドなどでもOKですよ。

突っ張りスペースを見つけて収納力UP!

クローゼットの奥行きは突っ張り棒をセットするのに丁度良い場合がよくあります。
突っ張り棒をセットできるお宅にオススメなのが、100均グッズだけで作る小物収納!用意するのは100均一の突っ張り棒、ワイヤーネット、粘着フック、フック付きの籠など。木箱やブリキケースの裏に粘着フックをつければ約3秒でお洒落な小物入れに。殺風景なクローゼットの壁がお洒落な収納スペースに早変わりします。帽子や時計、アクセサリーなどを片付けるのにぴったり。壁を傷つけることなく、小さなスペースを活用できるので、ありがたいですよね。自分なりにアレンジしてミニDIYを楽しむのもいいかもしれません!

圧縮袋から解放されよう

季節の変わり目で面倒なことといえば、布団の収納と取り出しですよね。布団を圧縮して収納するのも億劫、圧縮袋から取り出すのもまた億劫。

そんな方には、インテリアショップなどで売っている布団収納袋がおすすめ。かさばる布団をギュッとコンパクトに入れられます。やり方も簡単で布団はクルッと丸めてそのまま入れるだけ。なかには防虫剤を入れるポケットや芯板があって型崩れしにくいものもあります。シンプルなデザインも多いので、クローゼットの棚上に置けばスッキリと片付けられますよ。

クローゼットがスッキリしていたら、心もスッキリとした気分になれます。
せっかく片付けたクローゼットがすぐに乱雑にならないためには
①衣類などの数を決めておく
②収納する定位置を決めておく
③できる限り「面倒くさい」をなくす

が大切です。
収納のコツを掴んでリバウンドしないクローゼットを目指しましょう!

監修
整理収納アドバイザー Geminiさん

ワーキングマザー。夫婦&子ども2人。2017年2月初著書「探さない暮らし」を出版。整理収納アドバイザーの資格を取得。アメブロ公式トップブロガー。「たおやかに働く、暮らす、生きる」をテーマにインテリアや暮らし術を発信中。

https://ameblo.jp/caw-gemini/